LAMP環境の構築手順

こんにちはー!むちょこです。

今回は、PHPを動かすために欠かせないLAMP環境の構築手順をご紹介したいと思います。

まっさらな状態から実際に開発が始められるところまでの一連の手順をまとめました。

前提

この記事では、さくらのVPS で”yum update”のスタートスクリプトのみ実行した状態から始めます。OSはCentOS7です。

ここでインストールしたバージョン

  • Apache 2.4.6
  • MariaDB 10.4.12
  • PHP 7.4.3

Apache

インストール

インストール前に、念のためまだインストールされていないことを確認

コマンド
# httpd -version
-bash: httpd: command not found

yumでインストール

コマンド
# yum -y install httpd

インストールされたことを確認

コマンド
# httpd -version
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built:   Aug  8 2019 11:41:18

自動起動設定

コマンド
# systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.

確認

コマンド
# systemctl is-enabled httpd
enabled

起動

コマンド
# systemctl start httpd

確認

コマンド
# systemctl status httpd
...
Active: active (running)

sslモジュールのインストール

まだインストールされていないことを確認

コマンド
# httpd -M | grep ssl

yumでインストール

コマンド
# yum -y install mod_ssl

httpd再起動

コマンド
# systemctl restart httpd

MariaDB

インストール

まだインストールされていないことを確認

コマンド
# mysql --version
-bash: mysql: command not found

リポジトリ追加

コマンド
# curl -sS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | bash

yumでインストール

コマンド
# yum -y install MariaDB-server

確認

コマンド
# mysql --version
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.4.12-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1

自動起動設定

コマンド
# systemctl enable mariadb

確認

コマンド
# systemctl is-enabled mysqld
enabled

起動

コマンド
# systemctl start mariadb

確認

コマンド
# systemctl status mariadb
...
Active: active (running)

文字コード設定

コマンド
# vim /etc/my.cnf.d/server.cnf
/etc/my.cnf.d/server.cnf
[client]
default-character-set = utf8mb4
[mysqld]
character-set-server = utf8mb4

再起動

コマンド
# systemctl restart mariadb

確認

コマンド
# mysql -uroot

MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8mb4                    |
| character_set_connection | utf8mb4                    |
| character_set_database   | utf8mb4                    |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8mb4                    |
| character_set_server     | utf8mb4                    |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.001 sec)

PHP

インストール

まだインストールされていないことを確認

コマンド
# php -v
-bash: php: command not found

最新バージョンを確認

https://www.php.net/downloads.php

“Current Stable PHP”のバージョンが7.4.3になっていたので、今回は7.4系を入れます。都度ご確認いただき、最新を入れていただくのが良いと思います:)

リポジトリ追加

コマンド
# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

yumでインストールできるphp74系の名前を確認

コマンド
# yum list | grep php74

PHPと必要なモジュールをインストール(使いたいモジュールに合わせて、適宜変更してください)

コマンド
# yum -y install php74 php74-php php74-php-bcmath php74-php-json php74-php-mbstring php74-php-pdo php74-php-xml php74-php-mysqlnd --enablerepo=remi-php74

インストールできたことを確認

コマンド
# php74 -v
PHP 7.4.3 (cli)

symlinkを貼る

php74のパスを確認

コマンド
# which php74
/usr/bin/php74

phpコマンドでphp74コマンドを呼び出せるようにsymlinkを貼る

コマンド
# ln -sf /usr/bin/php74 /usr/bin/php

確認

コマンド
# php -v
PHP 7.4.3 (cli) 

設定

コマンド
# vim /etc/php.ini
/etc/php.ini
date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;
mbstring.func_overload = 0
mbstring.strict_detection = Off

.htaccessの許可

コマンド
# vim /etc/httpd/conf/httpd.conf
/etc/httpd/conf/httpd.conf
<Directory "/var/www/html">
AllowOverride All
</Directory>

作業用ユーザの作成

新規ユーザの作成

コマンド
# useradd [ユーザ名]

パスワードの設定

コマンド
# passwd [ユーザ名]

一旦ログアウトして、作成したユーザでログインしてみる

鍵認証設定(Putty利用)

  1. PuTTYgenで鍵を作成
  2. scp等で作成した公開鍵ファイルを、作業用ユーザのホームディレクトリにアップロード
  3. 作業用ユーザでログイン
  4. 公開鍵ファイルを設置
コマンド
$ cd ~
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh/
$ ssh-keygen -i -f id_rsa.pub >> authorized_keys
$ mv authorized_keys .ssh
$ rm id_rsa.pub
$ exit

秘密鍵を使用してログインできることを確認

sudo設定

作業用ユーザからrootユーザになる

コマンド
$ su

作業用ユーザをwheelグループに追加

コマンド
# usermod -G wheel [作業ユーザ名]

rootユーザ、作業用ユーザ両方からログアウト

コマンド
# exit
$ exit

再度作業用ユーザでログイン

sudoが使えることを確認

コマンド
$ sudo id

ログイン設定とSSHポート変更

rootでのログイン禁止とパスワード認証禁止を設定

コマンド
$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config
/etc/ssh/sshd_config
Port [任意のポート番号] #ポート番号
PermitRootLogin no #rootログイン
PasswordAuthentication no #パスワード認証

sshd再起動

コマンド
$ sudo systemctl restart sshd

確認

コマンド
$ sudo systemctl status sshd
...
Active: active (running)

rootでログインできないことを確認

コマンド
$ ssh [email protected] -p [設定したポート番号]
Permission denied (publickey).

ファイアウォール

ポート設定を変更

コマンド
$ sudo vim /usr/lib/firewalld/services/ssh.xml
/usr/lib/firewalld/services/ssh.xml
 <port protocol="tcp" port="[設定したポート番号]"/>

起動

コマンド
$ sudo systemctl start firewalld

確認

コマンド
$ sudo systemctl status firewalld
...
Active: active (running) 

httpとhttpsのポートも開けておく

コマンド
$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http 
$ sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=https
$ sudo firewall-cmd --reload

確認

コマンド
$ sudo firewall-cmd --list-all
public (active)
...
services: dhcpv6-client http https ssh

ログアウトして、鍵認証&設定したポートでログインできることを確認

バーチャルホスト設定

※予めDNS設定を行ってください。

未定義ホストのアクセス拒否

コマンド
$ sudo vim /etc/httpd/conf.d/undefined.conf
/etc/httpd/conf.d/undefined.conf
<VirtualHost _default_:80>
    ServerName any
    <Location />
        Require all denied
    </Location>
</VirtualHost>
<VirtualHost _default_:443>
    ServerName any
    <Location />
        Require all denied
    </Location>
</VirtualHost>

ドメインごとの設定

コマンド
$ sudo vim /etc/httpd/conf.d/[ドメイン].conf
/etc/httpd/conf.d/ドメイン.conf
<VirtualHost *:80>
  ServerName [ドメイン]
  DocumentRoot /var/www/html/[ドメイン]/[プロジェクト名]/public
  ErrorLog logs/[ドメイン]-error_log
  CustomLog logs/[ドメイン]-access_log common
</VirtualHost>
<VirtualHost *:443>
  ServerName [ドメイン]
  DocumentRoot /var/www/html/[ドメイン]/[プロジェクト名]/public
  ErrorLog logs/[ドメイン]-ssl_error_log
  TransferLog logs/[ドメイン]-ssl_access_log
</VirtualHost>

エラーを確認

コマンド
$ httpd -t
AH00112: Warning: DocumentRoot [/var/www/html/[ドメイン名]/[プロジェクト名]/public] does not exist
AH00112: Warning: DocumentRoot [/var/www/html/[ドメイン名]/[プロジェクト名]/public] does not exist
Syntax OK

DocumentRootが存在しないというエラー以外が出ていなければOK

Apacheの再起動

コマンド
$ sudo systemctl restart httpd

これでサーバの準備は完了です。

あとは設定したDocumentRootを基準に開発を進めてください:)

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。